ブルーベリー苗「ダロウ」

0

    2月12日(最低気温-3.9℃、最高気温2.4℃)

     先週「とうほく蘭展&ガーデンフェスタ(1/31〜2/4)」に行ってきました。出店していた庭木専門店の店先で「接木ダロウ」が目に留まり思わず立ち止まってしまいました。この品種は果実が柔らかいことや、雨による烈果が多いという理由でこれまで敬遠してきた品種です。取り立てて立派な苗木でもなく、売れ残った最後の1本ということでしたがつい買ってしまいました。

     

     このダロウという品種、「ブルーベリー大図鑑」によると、日本への導入当時(発表は1965年)その際立った大粒性から〔大粒のブルーベリー=ダロウ〕という誤った解釈が広まり、ダロウ以外の大粒品種においてもダロウという品種タグを付けて流通させてしまったようです。それは現在各地の園芸店で販売されている「ダロウ」においても、実際には「ブルーレイ」などの他品種である場合があるとのこと。厄介な品種ではありますがしっかり育ててみることにします。

     

     

     


    ミツバチの準備

    0

      2月3日(最低気温2.4℃、最高気温8.7℃)

      ニホンミツバチの準備を進めています


       一昨年の秋から冬にかけてミツバチが大量に死にました。当初は死骸が巣門の外にありましたが死骸の数が増えるに連れ巣箱の底に溜まるようになり、春を待たずに全滅となりました。
       昨年は自宅工事の関係で自然群の誘引を行わなかったので、今期はしっかりと準備を整えて誘引したいと思っています。ネオニコチノイド系農薬によるミツバチの大量死が問題視されておりますが、当地でもヘリによる空中散布をはじめ農薬の散布は普通に行われております。そのような中でもできるだけの事をしてミツバチ逹を薬害から守ってあげたいと思うわけであります。

       これまでミツバチ逹の飛翔先を見ると春から初夏にかけては主に裏山に向いますが、夏から秋にかけては裏山だけでなく田畑方面など広範囲に蜜源を探し回っているようです。この時に農薬に被曝してしまう可能性が考えられるのですが、行動範囲の広いニホンミツバチを一定エリアに留めることは難しいのです。そこで当園の畑や周囲の雑木林など身近な場所に蜜源植物を少しでも多く確保できれば、農薬への接触をいくらかでも食い止めることができるのではと考えました。

       先ずもって屋敷の西側の雑木林。今は竹や雑木が生い茂っているので下刈りを開始しました。そこに蜜源樹木を植え付ける予定です。できるだけ年間の開花時期をリレーできるように品種を考えてみました。
      現存する樹木は、サザンカ、寒椿、椿、梅、桜、山桜、藤など。

      今回準備した苗木は、ニセアカシア、ハクウンボク、トチノキ、エゴノキ、シナノキ、ビービーツリー

       

      畑に現在栽培しているのはブルーベリー、サクランボ、梅、カミさんが栽培する野菜類など。
      今回は空きスペースにレンゲ、アブラナ、シロクローバー、ヘアリーベッチ、ニラ、エゴマなどを播種し、できるだけ蜜源を絶やさないようにする予定です。

       

       ↓とうほく蘭展&ガーデンフェスタ(夢メッセみやぎ)

       

       


      大晦日

      0

        12月31日

         早いもので大晦日も終わろうとしています。時間の経つのが早く感じるのは年のせいでしょうか。毎日が忙しすぎると感じるのは自分の行動に無駄が多いからなのかなぁ・・・と反省をしながら年を越そうとしています。

         

         最近フードドライヤーを導入し、冷凍果実を使って美味しいドライブルーベリーを作れないかと、果実サイズや品種をいろいろやってみていますがカミさんの評価は今ひとつ。今日出来上がったのはスパルタン(冷凍果)を使ったセミドライ(無添加)です。正月に帰省してくる子供達に食べさせようとセミドライにしてみました。味が凝縮し美味しくできたと思います。カミさんの評価もまぁまぁ。冷凍果の場合はできるだけ皮を破壊しないように処理するのがポイントのようです。大粒果実の生ブルーベリーだともっと美味しくできるだろうと期待してしまいます。

         

         

         2019年は今年の反省を踏まえハイブッシュ系に品種を絞り丁寧に育てたいと思っております。

         

         それでは来年もよろしくお願いいたします。

         

         


        ブルーベリー幼苗の植付け

        0

          12月5日

           増殖した2年生苗を不織布ポットに植付けしました。従来の60cmポットではなく40cmポットにサイズダウンして植付けることにしました。用土の量が1/3で済む(40cm=40L、60cm=120L)ので費用面・作業面での軽減が図れました。ただし、用土の保水量が低下するので水切れしないよう注意する必要があります。私はポット周りを有機物(チップ・モミ殻・落ち葉など)で囲んで乾燥防止に努めています。

           

           ↓40cmポットに植付けた幼苗(手前)

            定植場所が決まらないのでとりあえず既存畝の脇に置きました。

            奥は既存チップ畝(60cmポット)

           

           


          ブルーベリー苗木入荷

          0

            11月1日

             苗木入荷
             大関ナーセリーさんより苗木が届きました。
             栽培の主体をハイブッシュ系に特化することにしました。来期に向けて入替え作業を進めております。
             今回購入したのは、試行結果が良好だったハイブッシュ系のパテント品種です。秋口に植え付ければ年内中は根を伸ばすことができるので来期の成長が期待できます。

             

             ↓南部ハイブッシュ系「ファーシング(2年生)」「メドーラーク(3年生)」

               

             

             ↓北部ハイブッシュ系「リバティ(3年生)

             

             

             ↓不織布ポットを使って植え付けました。

             
             

             



            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM