ラビットアイ系「ブライトブルー」

0

    8月2日(最低気温20.1℃、最高気温24.5℃ 本日梅雨明け)

     ようやく梅雨明けとなりましたが気温はあまり上がらず、爽やかな風が吹いた一日でした。収穫品種についてはハイブッシュ系からラビットアイ系へと移行が始まっております。ラビットアイ系ではブライトウェル、ブライトブルー、タイタン、ヤドキンなど収穫を徐々に進めているところです。

    ラビットアイ系品種「ブライトブルー」について・・・

    11年生になるブライトブルーですが数年前から美味しさが際立ってきたように感じております。今では「お気に入り」に名を連ねる主力樹となっております。実はこのブライトブルー、数年前までは「美味しくない樹」と勝手にレッテルを貼っていたのです。もちろん挿し木での苗作りなど対象外でしたし、地植えの株元にハイブッシュを接木してみて駄目なら撤去しようと決めていたのですが、遊びに来た友人に「これ美味しい!」と言われて自分でも食べてみて「確かに美味しい!」と気づかされた次第です。カタログにも記載されておりますが、気になっていた種のザラザラ感もほとんど気にならないのが不思議でした。 以前ブライトウェルでも同じような理由で撤去を思いとどまった経緯がありますが、このブライトブルーの美味しさはもはやティフブルーと同レベルといえるかもしれません。10年生でようやくカタログ通り(それ以上?)のパフォーマンスを発揮できるなんて、ブルーベリーとはなんと奥深い果樹でありましょうか。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM