コガネ幼虫の影響

0

    9月27日

     ポット植えの苗を大型不織布ポットに植え替える作業に着手しました。この時期のポット苗ではコガネ幼虫の被害が多数発生するのですが、今年は少しばかり例年と様子が違っております。コガネ幼虫は上層部から徐々にポットの奥深く入り込み、9月下旬の段階ではかなりの根が食い尽くされ、葉は紅葉・落葉し樹はぐらぐらして弱っているというのが毎年の状態です。でも今年は2〜3cmのコガネ幼虫が十数匹入っているのに地上部の樹を見た限りでは食害の影響を全く感じない苗がいっぱいあるのです。そのポットはコガネ幼虫が表層1〜2cm程度の浅い所に居て用土をふかふかに耕しているのですが、そこに留まっている様子で下層部の細根への食害はほとんど無いのです。実は今年の梅雨は空梅雨でしたので水遣りに四苦八苦、ピートモスは一旦乾いてしまうと吸水しなくなるため改善策として透水剤「サチュライド」を導入しました。これで給水作業は大幅に効率アップとなったのですが、今回のコガネ幼虫の退避効果があるのはこの透水剤を施用したポットに特化しているようです。コガネ幼虫は水分の少ないポット表層部に退避し水分があり透水剤の効いた下層部では生活できない環境となっているように思えます。一方、透水剤を施用しないポット苗では例年通り細根は全滅し紅葉・落葉といった食害に至っています。ポイントとしては通水性の良い用土とし水遣りをしっかり行う(乾燥させない)ことだと思います。

     

    ↓表層にいたコガネ幼虫と、それでも樹勢の良好なレイトブルー

     

     

    ↓細根がほぼ食い尽くされた根と、紅葉してしまったアーリーブルー

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM