ブルーベリーの花芽2

0

    3月31日(最低気温0℃、最高気温10℃)

     先週は20℃まで気温が上昇したこともあり花芽はだいぶ膨らんできました。花芽の成長は昨年より1週間以上早いようです。南部ハイブッシュとラビットアイの花芽に凍害が少しだけ発生しておりますが問題になるほどではありません。

     

     現在は梅が開花の時期を迎えており、早いものから次々に開花が進んでいます。

     

     

     ↓左:ハナンズチョイス、右:スパルタン 

      

     

     

     サクランボとブルーベリー用の雨除け施設を作っています。サクランボは雨に当たるとと確実に実割れするので、昨年のような空梅雨の年は別として雨除け施設は必須条件となります。ブルーベリーも品種によっては雨に当たると実割れや落果するものがあり、昨年8月のように長雨が続くと多くの品種で落果の症状が出てしまいます。また当園のように土壌水位が高く粘土質といった栽培条件が悪い畑では過湿防止の観点でも雨除け栽培は有効だと思います。単管パイプで作るのとトマト用パイプハウスを利用するのを試してみようと思います。(写真は後日掲載)

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM