スパルタンが色付いて

0

    6月17日(最低気温12.6℃、最高気温17.2℃)

     寒い朝でした。気温があまり上がらない日が続いております。ブルーベリーの生育のほうは、パトリオットに続きスパルタンやハナンズチョイス、レカなどが色付いてきたところです。6月30日で「石巻元気市場」は1周年となります。記念イベントもあるのでブルーベリーの成熟が間に合えば良いのですが・・・ 今年も昨年同様「石巻元気市場」と東松島市「Harappa」の2店舗に出品する予定です。

     

     (↓スパルタンはこんな感じ)

     

     


    パトリオットが色付いて

    0

      6月10日(最低気温13.9℃、最高気温16.5℃)

       冷たく湿った風が吹きたいへん寒い一日でした。ブルーベリーの先陣を切ってポット植えのパトリオットの実が色付いてきました。ブルーベリーの実が色付くとき、それまでの小ぶりな青い果実が一気に膨らみます。毎年見る光景ではありますが何と愛おしい果実なのでしょう。

       

       

       

       サクランボは「紅さやか」が完熟して2週間以上経過しましたが、次に完熟を迎えるのは「絢のひとみ」。こちらも紅さやか同様に不織布ポット植えの樹です。この「紅さやか」「絢のひとみ」の2品種はカメムシがあまり付かないので何とか完熟まで果実を維持できる樹となりました。

       

       

       


      恵みの雨

      0

        6月1日(最低気温14℃、最高気温20℃)
         早くも6月、家のリフォーム工事も3ケ月を過ぎようとしています。10月の完成まで先は長いのですが私も家族もだいぶ疲れ・ストレスがたまってきたように感じます。

         午前中植木の剪定をしていたところに突然強い雨が降りだしました。久々の恵みの雨で有難い。雨の時間を利用してハウスでトマト苗の植え付けをしました。大玉は「サターン」とエアルーム種の「Marmande」。この「Marmande」は購入して7年目にもかかわらず見事に発芽してくれました。今年は種を自家採取して引き継いでいこうと思います。

           


         ブルーベリーは順調に生育しています。例年より若干遅いように感じますが、これから1か月しっかり面倒みてあげたいと思います。

         (エチョータ)

          

         

         (スパルタン)

         

         

         


        ハイブッシュ系の結実

        0

          5月14日 

           ハイブッシュ系の結実が順調に進んでおります。ぷっくりと実が膨らんできた品種もあります。

           これから先、実は日毎に肥大してきますので期待が膨らみます。

           この時期の注意点としては、花弁の残骸などを除去し清潔にしないと灰色かび病が発生します。

           

           (左:エチョータ、右:スパルタン)

             

           

           


          防鳥ネットの敷設

          0

            5月13日(最低気温14℃、最高気温16℃)
             ブルーベリーの花を狙ってヒヨドリ逹が頻繁に通い始めたので、防鳥ネットの敷設を例年より早く行いました。今期は防鳥ネットの内部に部分的な雨除けハウスを作ってみました。

             

             

            <雨除けハウス>

             サクランボは雨による烈果が著しいので雨除けハウスでの栽培が前提となりますが、ブルーベリーにおいても雨による落果・烈果が著しい品種に対してはサクランボ同様雨除けハウスで育てたいと思いあれこれ考えておりました。昨年は、ブルーベリーの成熟期に長雨が続いたため落果・烈果が激しい品種にスズメバチやショウジョウバエが集まってしまいました。こまめに除去し清潔を心掛けていたのですが一旦味を覚えたスズメバチは、長雨後の晴天時にも連日集まってきては良質の果実を次々に食い荒らしてしまいます。怖くて収穫できる状態ではありませんでしたので、9月上旬には樹上に残っている果実を全て撤去することになりました。

             

             対策として考えたのが雨除けハウスの設置です。手ごろな既製品としてトマト用の雨除けハウスを3タイプ設置してみました。サイズの自由度は少ないのですが設置が簡単なので既存の樹列に設置しました。列間の歩行や作業の支障になったりと栽培環境が悪化してしまうなどコスパを考えると残念な結果。

             

             

             次に考えたのが単管パイプを利用したオリジナルです。既存の列間に合わせてサイズを決めることができますし、既存の防鳥ネット用単管パイプと共有できる部分もあり費用を抑えられると思い設計を進めました。制作の作業時間を無視し丈夫さと材料費だけで考えるとコスパは高いように思います。費用を抑えるため部分的に25mmパイプを使ったところやはり強度不足が露呈。とりあえず竹で補強したところ見栄えは悪いものの効果はありそうです。

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM