寒波到来

0

     12月27日(最低気温-4.1℃、最高気温-1.5℃)

    とても寒い一日でした。爆弾低気圧の影響で暴風雪、今期初のまとまった積雪となり石巻では6cmの積雪でした。

      

     

     いよいよ年越しの準備をしなくてはなりません。餅つきと目玉木作り、松・樅ノ木の枝を確保、そして大掃除・・etc 

     年明けからブルーベリーの剪定作業を開始します。剪定作業はブルーベリーを1本毎に看ることができる大切な作業なので楽しみです。


    高枝ばさみ

    0

      11月16日(最低気温3.9℃、最高気温9.4℃)

       ご近所さんの畑にラビットアイの植え付けを行いました。水捌けが良く日当たりも良好な畑なので来年の成長が楽しみです。

       

       

       梅の剪定を開始しました。これまでほとんど手をかけていなかった古木があるのですが、きちんと日光が入るように整枝・剪定して再生を試みます。

       今期導入した高枝ばさみ「Lowe LS20100」。45mm径まで切断できる優れもので作業効率が格段に向上しました。アンビル(受台)方式の鋏は初めてでしたが、同方式のLoweの剪定鋏を借用して使ってみたところ、その抜群の切れ味に魅了されちゃってLoweの高枝ばさみ購入に至った次第です。

       

       

       剪定鋏は現在3本(ARS「VS-8R」・サボテン「エクセレントEX1」・小野川「200mm」)を使っているのですが、借用したLoweの剪定鋏とで使い比べてみたところ、切り口の綺麗さや太い枝も簡単に切れることと手への衝撃がほとんど無いLoweの切れ味に魅了されてしまいました。ブルーベリーの剪定を始めるまでに購入モデルを決めたいと思います。

       

       


      サザンハイブッシュ系新品種

      0

        10月29日(最低気温12.5℃、最高気温13.8℃)台風22号の影響で終日雨降りです。

         大関ナーセリーさんに注文していた苗木が昨日納入となりました。今年初収穫してみたサザンハイブッシュとラビットアイの新品種には大いに期待を裏切られまして、もう新品種へ期待するのは止めよう・・と思っていたのですが、カタログを振り返って見ているうちに、香りが良く落果し難い、収穫後の日持ちが良い事など・・どんどん良いイメージが膨らんで来て、「もう一度新品種をやってみよう」という気持ちにさせられたサザンハイブッシュ系3品種を購入してしまいました。まぁカタログに書いてあることを鵜呑みにしても期待を裏切られることが少なくないのですが、この3品種が好結果に繋がることを期待して育ててみたいと思います。

         

        ・メドーラーク 3年生(米国特許)

         直立性、樹勢は良い。樹で果実がよく保たれる。大粒、果柄痕・実のしまりは良い、マイルドな風味。

        (カタログ抜粋)

         

         

        ・ケストラル 3年生(米国特許)

         直立〜開張性、樹勢は良い。樹で果実がよく保たれる。大粒、熟すと香りが良い。実の締まりと果柄痕が良い。

        (カタログ抜粋)

         

         

        ・ファーシング 3年生(米国特許)

         開張性、樹勢は強い。大粒、非常に硬い。収穫後の日持ちは良い。パリパリする食感、果柄痕・風味が良い。

        (カタログ抜粋)

         


        ブルーベリー畑の様子(紅葉が進んできました)

        0

          10月21日

           ブルーベリー畑では北部ハイブッシュ系の紅葉が始まっております。寒さが続いているからでしょうか、例年より早い色付きです。

          ↓ハナンズチョイスは全体が真っ赤に

           

           当園のハイブッシュ系の早生品種では品質・収量とも安定しているのがエチョータです。これまでの地植え苗ではなかなか強いシュートが出ずに苦戦しておりましたが、今期追加した苗(ポット栽培)は極めて良好な生育となりました。苗は従来と同じ大関ナーセリーさんの苗ですが3月に不織布ポットで定植した2年生苗の全てが良好な生育です。来期は少し結実させることが出来そうです。

          ↓3月に定植したエチョータ・・・冬季剪定が楽しみです

           

           


          ブルーベリー畑の様子(2017.10.13)

          0

            10月13日(金)(最低気温11.5℃、最高気温15.1℃ 17:00現在)

             寒い日でした・・外の仕事は軽作業を少しだけして、家の中で母の介護をしながらデスクワークの一日となりました。

             

             今週、ブルーベリー畑の防鳥ネットを撤去し草刈りを完了しました。

              

             

             これからの作業として、地植えはマルチの追加などのメンテナンスと、品種の棚卸し・配置換えなどをしながら休眠期を迎えたいと思っています。ポット苗については、3年生以上の苗でポット植えの成木を作ります。

             

             ポット植え成木用として使う容器は40cmの不織布ポット(JマスターK)をメインで使います。ポット植えの成木は移動しながらの栽培が前提となります。普段は空いている畑に配置し、色付き〜収穫する間を防鳥ネットの中に移動し、収穫を終えたら元の場所に戻すといった回し方を考えています。狭い畑が分散していて粘土質がきつかったり、水捌けが極端に悪かったりするため移動式にしたほうが樹にも自分にも良いのではと考えたためです。不織布ポットを使う理由は苗の成長が安定して良いこと、底面から水を吸い上げるので水遣り頻度が少なくなることや、ポット側面が垂直で安定性があり強風下でも倒れにくいなどの利点もあります。ちなみに地植えに使っている不織布ポットは60cm・120Lですが、用土を作るのが結構きつく重いので、移動用としては40cm・40Lとしました。容量もあり生育環境としては十分だと思います。

              

             



            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM